保険適用義歯の良いところ
 保険証一枚で最善の歯科治療を提供するポリシーのもと、歯科補綴専門医として私が、ベストを尽くした治療をお約束いたします。窓口に保険証を持ってきた戴いた以上、患者さんにはまず、保険治療を前提とした義歯を作製いたします。その作製手法や調整はスマートデンチャーと大きく違うものではありません。症例の難易度によって何度も型を取り直し、かみ合わせや審美性の確認、装着後の調整に多くの時間を割いています。保険適用の義歯は公費が投入されるので、贅沢な材料や審美性といったところには自ずと限界があります。しかし、口の中は常に機能するところであり、咀嚼により刺激を受け続け、傷つき変化するところです。残った歯や歯周組織は恒常的ではありません。保険適用義歯の良いところは、この変化に合わせて、作り直しや修理を適時、行うことのできるところです。費用も最も安価といえるでしょう。そして、お口の治療全体を総合的に行いつつ、これをお使いになっている患者さんにとっては、保険適用の義歯が最高の臓器となるはずです。インプラント義歯のみならず、スマートデンチャーやオールセラミックスはすべての歯の診査、治療を終えてから、計画的に作製するべきだということは言うまでもありません。まずは、保険適用の義歯を使いましょう。
上顎義歯の設計は口蓋側に、金属バーを用いるので、プラスチックよりも薄いにもかかわらず、強固でしっかりと安定した咬み心地となります。また、クラスプと呼ばれ、バネをたくさん使用するので、上下残存歯が対合ですれ違う症例では壊れにくい設計となります。
下顎義歯の設計は舌側に、金属バーを用いるので、プラスチックよりも強固で、しっかりと安定した咬み心地となります。薄く設計されるため、舌の動きが阻害せず、違和感が少なくなります。
左は患者さんが初めて入れる1歯部分義歯です。小型なので違和感がありません。しっかりとバネを設計すれば、はずれ難くなります。

下段の義歯は、前歯の差し歯が抜けたので初めて使用することになった義歯です。精密な型を取りますし、金属プレートで薄く仕上げるので、ぴったりと違和感が少なく、発音も早めに慣れます。
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。