クリニック情報
 
 

■ 診療科目 歯科・小児歯科
 
 
■ 義歯機能センター専門外来 義歯治療外来 ・ プロフェショナル義歯ケア外来
 
■ ご紹介
「この町に育まれ、この町へ恩返ししたい」
院長である桝尾隆一は同じ町内に父、桝尾哲路が開業する桝尾歯科医院より独立し、平成6年1月より由宇崎で開業しました。この町に生まれ育ち、人と人の結び付きや暖かさを教えてもらいました。これからも、一生、かかりつけ歯科医という形で地域に貢献したいと思っています。


■ 診療時間   ご予約はお電話で フリーダイヤル 0120-63・77・63
◎ 月、火、水、金
午前 9:00~12:00 受付順番制 (受付11:45まで)
午後 2:00~5:30 予約優先
午後 5:30~6:30 受付順番制 (受付6:20まで)

◎ 木、土
午前 9:00~12:00 受付順番制 (受付11:45まで) 


 
■ 休診日
日曜日・祝祭日
 
■ 電話番号
0827-63-0700 フリーダイヤル 0120-63・77・63
 
■ メールアドレス
mail@masuodc.com
 
■ 郵便番号
740-1426
 
■ 所在地
山口県岩国市由宇町由宇崎5-1
 
■ 周辺地図
 
アクセス方法
潮風公園みなとオアシスゆうから国道188号を250m北進し左折。 駐車場有。
 
院長紹介
■院長:桝尾 隆一 昭和38年生まれ

■補綴歯科専門医 社)日本補綴歯科学会認定(第1716号)

■歯の銀行協力歯科医院認定

■歯科エックス線優良医 
  登録番号第656号
  日本歯科放射線学会認定

■歯学博士 平成5年 鶴見大学大学院歯学研究科歯科補綴学専攻 博士課程修了
■平成28年12月 厚生労働省認定歯科研修医指導医

■研究歴 
昭和63年 鶴見大学歯学部付属病院診療科助手
平成5年 鶴見大学歯学部歯科補綴学第三講座研究員
平成8年~平成23年 鶴見大学歯学部歯科補綴学第一講座研究員

■歯科医師 鶴見大学歯学部 昭和63年卒業 歯科医籍登録 昭和63年6月3日

■学校歯科医 岩国市立由宇中学校  平成5年~現在

■岩国市介護認定審査員
平成18年4月~20年3月 平成24年4月~26年3月

■平成9年 エンドポア・インプラント(innova社,カナダ) クリニカルセミナー修了
■山口県高等歯科衛生士学院臨床実習講師
平成20年1月、平成25年1月、平成26年1月 平成26年10月 
■一般社団法人玖珂歯科医師会 
平成15年4月~18年3月 学術担当理事
平成18年4月~25年3月 専務理事
平成25年4月~27年3月 学術担当理事
平成27年4月~現在   監事

■公益社団法人山口県歯科医師会
平成27年6月~現在   医療管理担当理事

■日本歯科医療管理学会
平成28年4月~平成29年3月
  常任理事・中国支部長
平成29年4月~平成30年3月
  理事・中国支部副支部長

■鶴見大学歯学部同窓会 
平成27年4月~現在   山口県支部長
 
院長執筆論文  → (クリック)
■下顎骨半側切除術の既往を有する患者の補綴治療
A Prosthetic Treatment of a Patient with Anamnesis of Hemimandibulectomy
■日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society 46(1), 124-125, 2002-02-10
 
院長学術口演  → (クリック)
■第2回日本義歯ケア学会学術大会
■日時 2010年1月23日(土) 13~18時30分
■会場 東京医科歯科大学附属病院(歯科外来事務棟) 4階 特別講堂
■大会長 水口俊介(東京医科歯科大学全部床義歯補綴学分野教授)
■演題名 無歯顎の高齢要介護者に義歯治療を行った一症例
 
歯科衛生士
■歯科衛生士: 桝尾 有
■ホワイトニングコーディネーター:日本歯科審美学会認定
■趣味:読書
■ひとこと:いつも笑顔のやさしいお姉さんタイプ。やさしい笑顔で接して緊張感を和らげてくれます。
 
院長ブログ  → (クリック)
院長が日常、気になったことを不定期ですが、コメントしています。
 
 
明るい診療室
3DデジタルX線画像解析装置
 
 
快適な待合室
 
 
パウダールーム                              診療ユニット
 
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準
当院は、地域住民の皆様が安心して在宅医療できるよう、地域の各関係機関との連携を強化した
「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」として認定されている歯科医院です。この制度は、平成28年4月に新設された制度です。厚生労働省によって定められた厳しい基準を満たす医院だけが認可を受けることができます。地域完結型医療推進を行う歯科医療機関のことを指します。患者さんが安心・安全に治療を受ける体制を整えていることが前提となります。
 
(1)過去1年間に歯科訪問診療1又は2、歯周病安定期治療及びクラウン・ブリッジ維持管理料を算定している実績があること。
(2)①偶発症に対する緊急性の対応、医療事故及び感染症対策等の医療安全対策に係る研修、②高齢者の心身の特性、口腔機能の管理及び
緊急時対応等に係る研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。
(3)歯科医師が複数名配置されていること又は歯科医師及び歯科衛生士がそれぞれ一名以上配置されていること。
(4)診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。
(5)当該診療所において、迅速に歯科訪問診療が可能な歯科医師をあらかじめ指定するとともに、当該担当医名、連絡先電話番号等について、
事前に患者等に対して説明の上、文書により提供していること。
(6)当該地域において、在宅医療を担う保険医療機関と連携を図り、必要に応じて、情報提供できる体制を確保していること。
(7)当該地域において、他の保健医療サービス及び福祉サービスの連携調整を担当する者と連携していること。
(8)口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を
講じていること。
(9)感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること。
(10)歯科用吸引装置等により、歯科ユニット毎に歯の切削時等に飛散する細かな物質を吸引できる環境を確保していること。
(11)患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うにつき次の十分な装置・器具等を有していること。
①自動体外式除細動器(AED)、②経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)、③酸素供給装置、④血圧計、⑤救急蘇生セット、
⑥歯科用吸引器
セラミック治療の特徴
『セレックシステム』の革新技術を

あなたに伝えたい

 プラスチックから セラミックへ
 銀歯や歯の変色が気になってしまい、お口を大きく開けて話したり笑ったりする事が心配ではありませんか?例えばそんな悩みを、白くて美しいセラミック素材の歯で解消できるかもしれません。セラミックは『見た目が自然で美しく身体への馴染みが良い素材』なので、口元の美しさを追求される方や、人前で話すお仕事の方、金属の治療あとが気になる方などにオススメです。金属アレルギーの心配もありません。またセラミックはプラスチックに比べ、変色、色移りが少ないばかりか、滑沢でプラーク(細菌の塊)が付きにくい性質なので、むし歯の再発や歯周病を防ぐためにセラミック治療を受けられる患者さんが最近では増えています。またジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれ非常に強く美しいセラミック材料です。銀歯のブリッジにも置き換わる素材として近年急速に研究開発が進んでいます。
セレックシステムとは

 セレックシステムはドイツで生まれ、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムで、精密な歯を作ることができます。最先端の光学3Dカメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、コンピュータ画面上で歯科技工士が修復物を設計、ミリングマシンがコンピュータ制御でセラミックブロックを削り出し作製します。製作過程の工業化で手間が減る分、セラミックなど高品質の歯でも治療費が抑えられるメリットがあります。
『セレックシステム』の革新的な製作過程が認められ 経済産業省平成28年度補正革新的ものづくり補助金による事業(山口県2835110041)に採択されました。
※セラミック等の治療は保険適用されません。また当院で治療したCAD/CAM冠、金属冠やレジン充填は、厚生労働省承認の材料を使用しており、問題が生じない限り取り除く必要はありません。
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。